+MiSty(Plus MiSty)

美肌を応援! +MiSty代表 MiSaのオフィシャルブログ

「機能性表示食品」の信頼性は?

友だち追加

おはようございます。+MiSty(Plus MiSty)代表の MiSaです。

子供たちが健やかに明るくのびのび過ごせる社会を目指して活動中。毎日のやってみたい!を応援したい。かかわる大人もワクワクが一番ですよね。お肌を元気に、心も(お財布も)もっと豊かに、をテーマにこちらのブログも不定期更新しております。

 

さて。私が化粧品販売員としての資格を有しておりますアイビー化粧品から、9月にまたまた新製品が発売予定。製品名は「GABAバランス」。みなさま、もうお近くの発表イベントにはご参加されましたでしょうか?GABAバランスは、アイビー化粧品の中では初の機能性表示食品です。これがとってもすごいこと、として大阪のイベントでも発表されていたのですが。ピンときますか?このすごさ。来ないですよねー。(私も、実は最初はわかりませんでした。)

昨晩、たまたまスーパーに買い物に行きましたら、ビールコーナーでもこの機能性表示食品を発見したので、今回はこのすごさを知る、をテーマに書き進めることにします。

f:id:mmlily:20190720085355j:plain

ある朝のひまわり(筆者撮影)

機能性表示食品とは

特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品とは異なる新しい食品の機能性表示制度のことです。そもそも、この制度ができる前までは前述の2種類に限られていました。消費者庁の資料によると、「機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそうした商品の正しい情報を得て選択できるように」という目的のもと、、平成27年4月から開始されたそうです。

特定保健用食品(トクホ)と何が違うのか?

科学的根拠等について消費者庁長官による個別審査を経ているかどうか。ここがポイントになります。届け出はどちらも必要。簡単にいえば、その中身の妥当性があるのかどうかの審査があるのかないのか、の違いのようです。

届け出に必要な条件

とはいえ、しっかりと届け出のガイドラインはあります。機能性表示食品の届出等に関するガイドライン(改正:令和元年7月1日)をもとに、主要箇所を抜粋して記載します。

 

    1. 疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を除く。)を対象としているものであること。
    2. 機能性関与成分によって健康の維持及び増進に資する特定の保健の目的(疾病リスクの低減に係るものを除く。)が期待できる旨を科学的根拠に基づいて容器包装に表示しているものであること。
    3. 食品全般が対象であるが、以下に掲げるものではないこと。(特別用途食品及び栄養機能食品、アルコールを含有する飲料、国民の栄養摂取の状況からみてその過剰な摂取が国民の健康の保持増進に影響を与えているものとして健康増進法施行規則第 11 条第2項に規定する栄養素の過剰な摂取につながるもの)
    4. 当該食品に関する表示の内容、食品関連事業者名及び連絡先等の食品関連事業者に関する基本情報、安全性及び機能性の根拠に関する情報、生産・製造及び品質の管理に関する情報、健康被害の情報収集体制その他必要な事項を販売日の 60 日前までに消費者庁長官に届け出たものであること。

このガイドラインはどちらかというと届け出る側にあてて書かれているので、正直読み込みが必要です。消費者側に向けてわかりやすく説明がされている資料がありましたので、興味のある方は下記のリンクもご参照ください。図解などもありますよ。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/about_foods_with_function_claims/pdf/150810_1.pdf

 

気になる「信頼性」

国が審査をしないのでは、本当にその表示情報そのものを消費者が信頼してよいのか?という点が気になりますよね。調べてみますと、先にご紹介した資料にもしっかり説明が記載されておりました。「消費者庁が中心となり、販売後の監視を行う」そうです。

届け出商品は誰でも確認ができる

届け出がある情報は、消費者庁のサイトから確認することができます。GABAバランス、あるかなぁ。消費者庁のホームページから検索してみましたよ。まずはボタンをクリック。

f:id:mmlily:20190720075231p:plain

【画面】機能性表示食品検索ボタン

キーワード入力画面が出てきました。GABAの全角半角、どちらで登録されているのかわからなかったので部分的に日本語箇所を入力。

f:id:mmlily:20190720075522p:plain

【画面】機能性表示食品キーワード入力

検索結果、1件ヒットしました!本当に登録されている商品かどうかは、このサイトを見れば消費者側も確認できる仕組み、ですね。

f:id:mmlily:20190720075727p:plain

【画面】機能性表示食品キーワード入力(検索結果)

右端の「詳細」が気になりますね。

詳細画面で、届け出の根拠や機能性、安全性も細かく参照が可能

詳細画面をクリック後。まずは基本情報がトップに表示されます。その下に、安全性をどのように評価して届け出をしたのか、が消費者側にもわかるようになっています。

f:id:mmlily:20190720080352p:plain

【画面】機能性表示食品キーワード入力(検索結果>詳細)

この安全性試験結果の評価、という点で、気になったので下の方にスクロールしました。細かい情報部分はここでは割愛しますが、その評価をどのように行ったのか、の記載がありました。GABAバランスはこのように表示されておりました。

f:id:mmlily:20190720080818p:plain

【画面】機能性表示食品キーワード入力(検索結果>詳細_機能性の評価方法)

「研究レビューで、機能性を評価している」とありますね。研究レビューとは何でしょうか?

研究レビュー?

消費者庁のホームページに掲載されているパンフレットに、研究レビューについての記載があります。『肯定的な結果だけでなく、否定的な結果もすべてあわせて、「機能性がある」と認められるかどうかを総合的に判断するもの』と定義されています。ポイントは「事業者の都合で機能性があることを示す論文だけを意図的に抽出することはできない」ということ。たしかに、都合のいい評価だけを並べて届け出をされていたのでは消費者側としてはたまったものではありません。研究レビューを行っているということは、第三者の視点も交えて深く評価されている、ということですね(と、私は解釈しました)。

まとめ

機能性表示食品であるかどうか、ということは、さまざまな観点から「安全性、機能性を評価されているかどうか」が「消費者も把握できる」ということですね。この表示を信頼して活用するかどうか、はもちろん消費者にゆだねられます。それでも、何もない、もしくは効果があると謳う商品が「事業者が勝手に言っている」のか「科学的根拠に基づいて評価されたうえで事業者が伝えている」のかがわかる、という点では信頼性は高い、と言えるのではないでしょうか。

今回はGABAバランス、という2019年9月発売の商品を例に調査をすすめてみました。ほかにもたくさん、届け出されている商品があるようです。

食品もサプリメントも、ご自身が体の中に取り入れるもの。取り込むならやっぱり安心、安全であることをベースに選びたいですよね。体に良くて、効果のあるものを誰だって吸収したい。

みなさんもぜひ、「機能性表示食品?一般食品?」と頭の片隅に置きながら安心、安全で効果のある製品選びをしてみてくださいね。この記事が少しでも皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

朝、久しぶりにゆっくりした土曜日の朝に執筆中の MiSa より、愛をこめて。