+MiSty

整肌コンサルタント MiSa が運営するオフィシャルブログ

自己紹介

友だち追加

こんにちは。+Misty (プラス ミスティ) 代表  MiSaです。「いつかやりたい」を実現するために紆余曲折した結果、本ブログ開設に至りました。ここでは簡単に、私についてご紹介します。

名前

MiSa

活動内容

整肌コンサルタント

「お肌を整えること=健康な体を目指すこと」という考えのもと、お肌トラブルのお悩み相談や日々のスキンケア方法のアドバイスを中心に、健康なお肌作りをサポートしています。

 

経歴

幼稚園ー高校

わんぱくに過ごす。基本はショートカット。部活を終えて憧れのロングヘアを目指すも剛毛に悪戦苦闘。

 

大学時代

20歳まで完全ノーケア+ノーメイク生活。

大学入学直後ごろに中学時代の友人と講堂で再会したことがきっかけで、アイビー化粧品が主催するコンテストのメイクモデルを務めることに。生まれて初めて毎日スキンケアをすることになり、いわれるがままに実践。それでも自分でのメイクはというと、当時始めたダンスのショーで濃厚な舞台メイクを時々する程度。メイクモデルの役目を終えてからは、やはりノーケア+ノーメイク生活に。成人式では普通の美容院のスタッフに全てを任せた結果、白すぎるファンデーションで恥ずかしい思いをするまでメイクが白浮きしていることに気づかなかったくらいの疎さ。

大学生活の半ばごろ、友人がネイリストを目指す修行をすることに。私の爪を練習台にしている時、ふとした話題がきっかけで再びアイビー化粧品で毎日ケアをすることに挑戦。ここで脱ノーケアはできたものの、メイクはしたりしなかったり。

 

独身時代

某IT企業に正社員として入社。入社式は流石にメイクはしましたが、色物はしたりしなかったり。最低限は日焼け止めとして下地を塗布後にフェースパウダーをON+眉毛を描くレベル。私の場合、目鼻立ちがハッキリしているため、シャドウを入れるだけで今日はメイク変えたん?と言われるも、「違うの。メイクしたの。」とは言いだせずに相変わらずズボラな肌生活を送る日々。

入社してしばらくののち、アイビー化粧品しか化粧品を知らないことに疑問を持ち、大手メーカーに浮気。ところが2年たってもやはり肌状態はよいとはいえず、その後も何度か浮気をしてみましたが、なんだかしっくり来ず。ある時いつもの体調なのに、頬の赤みから「大丈夫?熱ちゃうか?」とすれ違った男性社員に優しく気を遣われ、化粧をしているのに心配されるほどの肌状態であることに気づきました。メイクモデル時代にアーチストとして私の肌を綺麗にしてくださったF先輩と久しぶりに連絡を取り、再びアイビー化粧品を使ってお肌を整えることを決意。

その後、自分に施すメイクもプロに習おうと決め、F先輩のもとでセルフメイクの基本を学び、ようやく脱ノーメイク生活へ。面白そうという興味から、この時にフェイシャルエステティシャンのディプロマも取得。

 

妊娠・結婚・出産・育休

30代に突入し、一生独身かしらと焦り始めた頃、第一子を授かったことを機に結婚。母になり、育児休暇を取得。1ヶ月ごとに入籍、引越し、挙式、旅行、と続く大イベントの連続を経て約4kgの男児を出産。

育児休暇中、自身の働き方に疑問を持ち始め、ふと学生時代から思っていた「子供と関わる仕事がしたい」という想いが再燃。ある時、アイビー化粧品の購入元となる販社のM社長が開催するビジネスセミナーがあることを知り、乳飲み子を連れて何度か参加。私という存在をもっと磨きたい。我が子にはカッコいい親の背中を見て育って欲しいし、私自身もプラスのエネルギーを関わる人たちに伝えられるような、成長を応援できるような人になりたい。自分自身と向き合えば向き合うほど、この想いがどんどん膨らんでいきました。

行動の幅を広げるためには今のままでは限界があると感じ、販売会社の営業所という立場へランクアップを決意。復職までの間、スキンケアの基本から徹底的に学び、メイクアップアーティストのディプロマも取得。

復職間際に第二子妊娠が発覚。一瞬復職ののち、再び産休・育休を取得することになり、このタイミングで「親と子の関わり方教室」のインストラクター資格を取得。他社団体主催のポジティブ育児検定2級なども取得し、認知心理学をベースにした知見を深める勉学も開始。

 

現在

2歳差育児に奮闘する2児の母。大阪在住。

周囲のママ率が増えるにつれ、一番健康に気を使うだろう立場の人たちがほぼ100%の確率でお肌に無頓着であることに危機感を感じ、何かできることはないかと思案していた矢先、震災の影響で自宅に大量の亀裂と穴が出現。もう少し先を予定していた新居探しを急加速せざるを得なくなるも、トントン拍子で新居が確定。やっと安心して第二子を出産かと思いきや、引越した先の市で保育園の待機児童問題に激突。結局、想定期間の育児休暇を取得できず、生後数カ月の娘を預けて復職をすることに。

母×妻×OL×+MiSty代表として、4足(?!)のわらじを履くことを決めて活動をスタート。

 

ご挨拶

本ブログの執筆を通じて、まだ出会ったことのない方へも何かしらの形でお役に立てましたら幸いです。私自身も成長を続けたいという気持ちも込めてスタートしました。至らない点も多々あるかと思いますが、優しいお心で応援をよろしくお願い致します。